月に4回性格が変わる!?【女性ホルモン】との正しい向き合い方♡

    女の子を悩ます、 《女性ホルモン》との向き合い方♡

    女の子なら誰しも、今日はなんだかハッピー♡な日や、逆に理由もわからずブルーな日……ありますよね。

    ”女って何考えているか分からない。”と嫌がる男の人もいますが、それもそのはず。これは4つの女性ホルモンが起こしている現象なんです!

    自分のホルモンの仕組みを知ることで、どんな気分の日もうまく対処できるはず♡

    月に4回性格が変わる? 女を司る4つの”ホルモン”とは

    男の人の精神に影響を与えるのは、”テストステロン(男性ホルモン)”のみで、常に一定の量で分泌されています。

    しかし女性の体で分泌されるのは、エストロゲン、プロゲステロン、オキシトシン、テストステロンと呼ばれる4つのホルモン。

    その4つが生理周期によって増減することで、”月に4回性格が変わる”と言われるほど、精神に影響を与えてしまうんです!

    ① 幻滅させないよう注意!「攻撃的ガール」期

    生理前1週間は男性ホルモンと呼ばれる、「テストステロン」が増加します。これにより支配欲が強まり、攻撃的・衝動的になってくるようです。

    イライラしてる時にデリカシーのない人が聞いてくる、”もしかして生理前?”というのは合っていたのですね。

    え、この子こんな性格なの?と思われないよう、生理前は気持ちを落ち着かせよう!という意識を持ちましょう♡

    ② 不快な症状多数!突然の「根暗女子」期

    生理中の約1週間は、精神を安定させる「プロゲステロン」が減少。イライラは引き続きあるのに、加えて疲労感や不安感も押し寄せてくるのだとか。

    また、心を落ち着かせる効果のある「オキシトシン」も同時に分泌されるので、判断力や動作が鈍り、全体的にゆっくりになるのも特徴のようです。

    ③ ダイエットをするならココ♡ 「つやつや女子」期

    生理が終わってからの約1週間は、女性ホルモンの代表格である「エストロゲン」が増加!肌の調子がよくなり、体つきも女性らしくなってくるみたい♡

    気持ちも前向きに、活動もテキパキできるようになるので、ダイエットや美容に力を入れるならこの時期がぴったりです!

    しかし「エストロゲン」には惚れ薬のような効果もあるので、盲目な恋にハマってしまわないよう、注意が必要かも……。

    ④ 落ち着いて思考も冷静に。 「真面目ちゃん」期

    気分が上がったり下がったりな生理前後が終わり、生理初日から2週間が過ぎると、「プロゲステロン」と「オキシトシン」というホルモンが増え始めるそう。

    この2つはどちらも鎮静作用があり、思考や行動を落ち着かせる効果が!

    つやつや女子期が極端な場合、”冷静さ”とのギャップに落ち込んでしまう人もいるようですが、そんな時は”こういうものだ!”と思い割り切れると◎

    少しでも症状を軽く♡ 女性ホルモンを整えるには?

    いくらホルモンの働きだからしょうがないと言っても、やっぱり辛いな……と思ってしまうもの。

    しかしそんな感情の上げ下げも、ストレスをなくしたり規則的な生活を送ることで、少し安定的なものに変えることができるんです♡

    「睡眠」「運動」「栄養バランス」を意識して♡

    たったこれだけのこと?と思いがちですが、女性ホルモンは非常に繊細なので、これが崩れると精神状態に大きく影響してしまうのだとか。

    例えば、30分ほどの運動を週3回はやる、夜の0時までには寝る、大豆などを含んだ栄養満点の食事をとるなど……。

    簡単なことでも毎日やることに意味があるので、めんどくさがらず1度、1カ月だけでも続けてみてください♡

    《女性ホルモン》と向き合って、 毎日を楽しく♡

    理由も分からず嬉しくなったり、はたまた悲しくなったり。それって結構つらいし、周りにも理解されにくくて大変ですよね。

    でも女性ホルモンなど自分の体をちゃんと知って、”今はこういう時期だ”と思えるようになると、今までよりずっと気分が楽になるはず。

    これからは感情の起伏も味方につけて、楽しい毎日を過ごしましょう♡

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ