寒い季節に最適♡簡単【ポカポカヨガ】で、朝もスッと起きれちゃう!

    寒い朝はベットから出たくない……を解消しちゃいます!

    これからどんどん気温が下がり寒くなっていきます。そんな季節に多くの人が悩むのが「朝起きるのが辛い!寒い!」という悩み。

    筆者は比較的朝は得意な方ですが、やはり寒い日はベットでぬくぬくしていたくなります。

    今回はそんな悩みを解消すべく、ベットの中で簡単にでちゃうポカポカヨガをご紹介します!これを実践すれば、ベットから出るのも辛くなくなるかも♡

    体の"背部"をほぐして血行をよくする♡

    朝起きてすぐに、体のだるさを感じることってありますよね。それは、ベッドの硬さや寝相、寝返りの頻度、そして日々の疲労が関係しているのだとか。

    そんな状態では、朝からこの調子では体を起すのも大変ですよね。なのでまずは、体の背部をほぐしてあげましょう♡

    ①左を下にして横向きになり、膝を胸の前に引き寄せて両手で抱えるようにして小さく丸くなる
    ②ゆっくりと鼻呼吸を5回繰り返す

    体の背部がほぐれて血行がよくなり、調子が出てくるはず!

    "末の神経"に刺激を与えて、体を活動モードに♡

    次にご紹介するのは、末の神経=体の端を起こすことで、体を活動モードに切り替えるヨガ。

    実践方法はいたって簡単です。
    ①ベットで仰向けの状態になる
    ②手、足の指先をグーと力強く丸める
    ③手、足の指先をゆっくりと開いていく
    ②~③を10回ほど繰り返す

    たったこれだけ♡こんな簡単なことでも刺激を与えてあげることで体は徐々にい活動モードの切り替わっていくものなのです。

    "腹部"をねじって内臓機能を目覚めさせる♡

    このヨガは寝る前に実践している人も多いかもしれませんが、実は朝やっても効果的♡

    腹部をしっかりとねじるという行為は、内臓機能を起こすのに役立つと言われていますし、何より固まっている身体にねじるという行為がとっても爽快!

    ①ベッドに仰向けになり、息を吸いながら右膝を曲げて胸の前に引き寄せ、両手で抱える
    ②息を吸うように右腕を頭の真上、左手を右膝の上に置く
    ③息を吐きながら右膝を左に倒し、右腕は体の真横にして目線は右手の指先へ
    ④鼻呼吸を5回繰り返し、反対側も同様に行う

    実際にやってみるとねじるという行為は、とっても気持ち良いのでおすすめです♡

    +α♡ヨガが終わった後は、起き上がって深呼吸

    ポカポカヨガをベットで行ったあと、いよいよ起き上がります!

    そこで+αとしてやってほしいのが"深呼吸"。大きく息を吸って大きく息を吐く、たったこれだけのことですが、体も脳も驚くほどすっきりします。

    寒い日の朝もポカポカヨガで乗り切れる!

    ただでさえ朝が苦手な人にとっては、冬の朝はもっと苦痛なもの……。しかしずっとベットで寝ているというわけにはいきません!

    そんな時は、ベットで簡単にできちゃうポカポカヨガを実践して、辛い朝を乗り切りましょう♡身体を温めることは健康にも良いのでおすすめです。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ