オイル・セラムの違いって?+α保湿アイテムの正しいHow to♪

    フェイスオイル・フェイスセラム、違いは分かる?

    用途を間違えると効果も変わる……!

    乾燥や肌荒れが進行する秋冬は、+αの保湿アイテムが欲しいところ。化粧水・乳液に加えて、オイルやセラム、ブースターなど様々な保湿アイテムを探している人もいるのでは!

    ここで一つ疑問が。”フェイスオイル”と”フェイスセラム”って、何が違うの?実はこの2つ、用途も効果も別なのです!使い方を間違えると、理想の肌にもならないかも。

    今回は、オイルとセラムの違いを説明しながら、おすすめの使い方や商品をご紹介します♪

    「フェイスオイル」とは?

    美容効果というよりは”肌を柔らかくする”ためのもの。

    「フェイスオイル」とは、名前の通り”油分”が主な成分。美容効果を求めるというよりは、油分の力で肌を柔らかくすることが目的です。

    そのため、フェイスオイルは”洗顔後すぐに塗る”のがおすすめの使い方!柔らかい肌は水分を吸収しやすいです。洗顔→フェイスオイル→化粧水→乳液の順番が良いでしょう♪

    「フェイスセラム」とは?

    肌に栄養を与える”美容液”の役割!

    一方「フェイスセラム」は、”美容液”としての役割が大きいです。美白やアンチエイジングなど、効果別にラインナップされているのはこれが原因!

    そのため、洗顔→化粧水→セラム→乳液が正しい手順です。”オイルセラム”なんて商品もちらほら見かけますが、これもセラムと同じ使い方で大丈夫です♪

    ”乾燥肌”さんにおすすめのオイル・セラムの使い方

    乾燥肌の方は、保湿力の高いオイルを使うことをおすすめします!

    洗顔後、オイルを適量手にとって肌になじませます。ここでポイントなのが、”オイル後すぐに化粧水を塗らないこと”!

    乾燥肌の方は、油分もですが水分ももちろん必要です。オイルが肌になじむ前に水分を与えてしまうと、水分が弾かれてしまって化粧水の効果がなくなってしまうのだとか。

    オイルでしっかり肌をマッサージした後に、セラムや化粧水でしっかり美肌対策をしましょう♪

    ”脂性肌”さんにおすすめのオイル・セラムの使い方

    一方脂性肌の方。ベタつきそう、さらにオイリーになりそうという理由でオイルやセラムから遠ざかりがちかもしれませんが、これは間違い!

    脂性肌さんは、オイルよりもセラムを活用。フェイスオイルで軽く肌を整えた後、脂性肌さん愛用の収れん化粧水でたっぷり保湿をします。そこにオイルコントロール成分の含まれたセラムを導入すれば、肌ケア完成です♡

    インナードライ型の脂性肌の方は、オイルケアもしっかり行うことをおすすめします。

    コスキチ店員に聞いた!イチオシ商品はこちら♪

    Terracuore デューオイルDR n

    オイルやセラムは、肌に直接与えるものだから断然オーガニックがおすすめ。今回は、オーガニックビューティーアイテムを取り扱うCosmeKitchen(コスメキッチン)で働く友人に聞いた、この冬イチオシの商品をご紹介します!

    フェイスオイルのおすすめはこちら、Terracuore(テラクオーレ)の「デューオイルDR n」です。CosmeKitchenでも売り切れ続出の人気商品!筆者もテスターを使用しましたが、香りも肌馴染みもとてもよかったです♪

    脂性肌・乾燥肌どちらのタイプにもおすすめです。

    【Terracuore】デューオイルDR n 5ml

    ¥2,160(税込)

    購入はこちら

    trilogy ローズヒップオイル

    脂性肌の方には、trilogy(トリロジー)の「ローズヒップオイル」がおすすめ。商品名はオイルですが、美容液としての活用が正しいそうです!

    ニキビケアやオイルコントロールに効くローズヒップオイルは、脂性肌さんにかなりおすすめ。美白効果もあるそうです♪

    【trilogy】ローズヒップオイル

    ¥4,644(税込)

    購入はこちら

    フェイスオイル・フェイスセラムを上手に活用しよ♡

    肌荒れ知らずのちゅる肌美人に!

    フェイスオイル・フェイスセラムの活用法とおすすめの商品をご紹介しました。

    冬が近くにつれ、+αの美容アイテムがたくさん発売されています。自分に合うオイル・セラムが見つかると良いですね♪

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ