《上手に”日焼け止め”選べてる?》今なら間に合う♡正しい選び方。

    「日焼け止め」を選ぶ時、必ず目にする”SPF”や”PA”。実際にどういう効果があるのか?自分のライフスタイルに適しているのか?しっかり把握して選べていない人も実はたくさん!今ならまだ間に合う。「日焼け止め」の正しい知識を身につけて、この夏もお肌を守りましょう♡

    まだ間に合う♡《日焼け止めの正しい選び方》を知ろう!

    「日焼け止め」を買うときに必ず目にする、”SPF”や”PA”。
    実際どんな効果があるの?、私のライフスタイルに合ってる…?

    正しい知識がないまま、なんとなく買っていませんか?

    しっかり日焼け止めについて理解をして、自分にあった「日焼け止め」を選ぶことで、いつまでもキレイなお肌を保つことができます。

    早速、”あなたにあった日焼け止め”を探していきましょう♡

    日焼け止め講座①《”SPF”の正しい知識》

    ”SPF”とは、紫外線B派(シミやそばかすの原因)の防止効果を表す目安の数値。

    ”SPF50”だと50時間効き目がある
    ”SPF30”なら30時間効き目がある
    と思っている方も多いのですが、実はちょっと違うんです!

    人は紫外線があたり出してから日焼けするまで、個人差がありますが、大体15分〜20分と言われています。

    それを
    ”SPF50”なら50倍遅らせることができる
    ”SPF30”なら30倍遅らせることができる
    という効果があるのです。

    つまりSPFとは”時間”ではなく、”防御力(強さ)”という事になります。

    日焼け止め講座②《”PA”の正しい知識》

    ”PA”とは紫外線A派(シワやたるみの原因)の防止効果を表す目安の数値。

    +の多さが効果の高さを示しています。
    効果は4段階あり、簡単に説明すると…

    ・PA++++ → 極めて高い効果がある
    ・PA+++ → 非常に効果がある
    ・PA++ → かなり効果がある
    ・PA+ → 効果がある

    このように数値を見ます。

    <選び方の目安♡>

    ・日常のほとんどを室内で過ごす場合 … SPF10/PA+
    ・通勤・おつかいの1時間程度の外出 … SPF20〜30/PA++
    ・1時間以上外出する場合 … SPF30/PA++以上
    ・炎天下の海や山のレジャー … SPF50/PA+++以上

    実際に《ライフスタイル》に合わせて、選んでみよう♡

    それでは、実際に自分に会う「日焼け止め」を選んでみましょう!

    今回は、シーン別・コスパ別にご紹介します♡

    【通勤程度の日常使い”コスパもいい”】

    なめらか本舗 豆乳イソフラボン UV化粧下地

    SPF25 PA++ 40g ¥972(税込)

    無色の下地兼日焼け止め。
    するすると伸び、毛穴がナチュラルに隠れます。

    リピーターも多く、つけ心地とお肌への優しさが人気の日焼け止めです♡

    購入はこちら

    【通勤程度の日常使い”高品質を選びたい”】

    岡田UVミルク

    SPF20 PA++ 50g ¥3,888(税込)

    食品にも使える成分だけを使用した、赤ちゃんにも使える日焼け止め。
    しっとりとサラサラした塗り心地の乳液は、国産メーカー”無添加工房OKADA”の人気アイテムです。

    購入はこちら

    【長時間日差しを浴びる時”コスパもいい”】

    毛穴パテ職人 BBクリーム

    SPF50+ PA++++ 30g ¥1,296(税込)

    毛穴、化粧崩れ、肌に優しいを叶えるBBクリーム。
    毛穴の凸凹やお肌のシワをつるんとしてくれる優れものです。しっかりとしたクレンジングが必要ですが、コスパで見れば◎

    購入はこちら

    【長時間日差しを浴びる時”高品質を選びたい”】

    ミネラルCCクリーム

    SPF50 PA++++ 28g ¥3,780

    ミネラル成分でできているとは思えないほど、伸び・カバー力が抜群。長時間潤いをキープしてくれるところも人気の理由。メイクしながらもスキンケアできているような、美容成分がたっぷりな優秀CCクリーム。

    購入はこちら

    ここだけは抑えておきたい!【ワンポイント】

    いくつかの日焼け止めを紹介してきましたが、自分で買ったり選ぶ時に気をつけたいポイントこちら!

    ①顔用を探しているならジェルタイプはNG!
     →エタノールがたっぷりで乾燥の原因になります。
    ②成分表に、最初が「水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル〜」と書かれていたら、どんなに高級な商品でも選ぶのは控えましょう!
     →お肌がどんどん乾燥し、シミもできやすくなってしまいます。

    これで《紫外線対策》もバッチリ♡夏を思いっきり楽しもう!

    知っているようで、実はあまり知られていない日焼け止めの知識。
    いかがでしたでしょうか?

    この夏は正しい知識を身につけて、自分にあった日焼け止めを使いましょうね♡

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ