もはやエチケット!?大切なあの人のためにも、そして自分のためにも。

普段気になるムダ毛は人目につく、脇・足・腕・指など。VIOというとてもパーソナルな部分は自分でもよく見ることはないですし、気になるといえば水着の季節のVラインくらい。しかし、VIOのムダ毛を彼はよく見ていますよ!暗いと思って油断していると幻滅されるかも。

秋はVIO脱毛におススメの季節

暑かった夏が終わり、いよいよ秋本番です。
秋といえば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋とありますが、私がおススメしたいのは、脱毛の秋です。そして特にVIOラインの脱毛です。
クリスマスといえば、恋人たちの季節。今現在彼がいる人もいない人もクリスマスの二人の夜のためにVIOゾーンの脱毛始めませんか?

そもそもVIOって?

デリケートゾーンの脱毛のことを「VIO脱毛」もしくは「ハイジニーナ脱毛」と言います。
ここではVIO脱毛で統一していきたいと思います。
VIOのVはビキニライン。水着を着たときに足、腕、脇とともにムダ毛が気になる部分ですね。VIOのIは陰部の両側、そしてVIOのOは肛門の周りです。普段はなかなか見えにくいデリケートゾーン。お手入れもどうしても後回しになりがちなうえに、自己処理が難しい部分でもあります。

また海外の女性の間ではVIOゾーンを脱毛するのはエチケットとして当たり前だそうです。さらにおどろくことに、全くの無毛にする場合が多いのだそうです。日本では下着からはみ出ない程度に整えるのが主流ですが、最近では海外の影響でつるつるにしてしまう方も徐々に増えてきているようです。

VIO脱毛のメリット

費用もかかるし、時間もかかる。なのになぜVIO脱毛をおススメするのか。それは単にムダ毛をなくすだけではなく、VIOゾーンの脱毛は女性のカラダのためにもいいことばかりなのです。そのメリットをご紹介します。

1.自己処理からの開放

水着の季節では特に気になるVライン。比較的自己処理をしやすい部分でもあります。そんなVラインをはじめVIOゾーンの皮膚はとても薄く、そしてパーツ的にも蒸れやすいところです。そんなところをかみそりや毛抜きで処理をすると、炎症を起こしてしまったり、埋没毛が発生してしまったりとリスクが伴います。また、なかなか自分では見えずらいVIOゾーン。自己処理は肌を傷つけてしまう恐れがあります。
それをプロに任せて安全かつ安心して処理ができます。

2.とても衛生的

VIOゾーンは別名デリケートゾーンとも呼ばれ、その名の通りとてもデリケート。日々のトイレや生理・オリモノなどでとても蒸れやすいところです。その蒸れの主な原因となっているVIOゾーンのムダ毛をなくすことでデリケートゾーンの通気性を高め、ムダ毛に繁殖する雑菌からデリケートゾーンを守ることができます。また、蒸れを抑えることで生理中に気になるにおいも抑えることができます。

3.自信がもてる

水着以外でVIOゾーンが気になるといえば、彼との濃密な時間のとき。せっかくかわいい下着を着けていてもムダ毛がはみ出ていたら彼も幻滅してしまうかもしれません。また、においも気になるところ。VIOゾーンを脱毛することによってTバックなどのデザインの下着も楽しむことができますし、ムダ毛がないことで彼のサービス精神も向上するかもしれませんね!

VIO脱毛で失敗しないためには

基本的にエステなどで脱毛してしまうと、なかなか元のようには生えてきません。そのため、どこまでVIOゾーンを脱毛するのかをしっかりと考えておく必要があります。
特に気になるのがVライン周り。彼などのリクエストでいさぎよく無毛にしてしまうことももちろん可能ですが、もし新しい彼ができて、無毛はちょっと・・・となったときは後戻りができないのです。
最終的には自分で決めないといけないのですが、エステなどで相談すると、いろんな方の施術しをしているスタッフからアドバイスがあるかと思います。迷ったらぜひスタッフにご相談を!
また、これは価値観が分かれるところではあるのですが、温泉などの施設です。VIOゾーンの特にVラインはご両親と温泉入るとき、または他の人からの視線がちょっと気になるかも知れませんね。

失敗談

・VIO脱毛の施術の痛みに耐えられず、通うのを断念

もともとVIOゾーンというのは皮膚の摩擦で色素沈着しやすい部分でもあります。レーザー脱毛は黒いところに強く反応するため、どうしても痛みが発生してしまいます。そしてVIOゾーンという
皮膚が薄いデリケートな部位であることからなおさら強く痛みを感じてしまう人もいるようです。

・肌トラブルで思ったように脱毛できなかった

VIOゾーンはデリケートな部分です。足や脇の脱毛ではなんのトラブルもなく終えられた人でも、VIOゾーンとなると肌トラブルが発生してしまうことがあるそうです。肌トラブルの間はVIOゾーンの脱毛は控えたほうがいいですし、また生理の時期なども脱毛できない場合があります。

・予算オーバーしてしまった
先ほど述べたように、VIOゾーンの肌トラブルにより思っていたように脱毛に通えない場合があります。〇ヶ月間の契約、など、契約年数が決まっている場合は、それを超えると追加料金が発生することが多いです。そのためVIOだけでなく、脱毛を考える際は、納得いくまで通えるコースや通い放題〇年間など、余裕をもった脱毛コースを選ぶのもおススメです。

VIO脱毛に対する男の人の本音は?

VIO脱毛がいくら自分のために良い!と思っても男性の意見も気になりませんか?そこでVIO脱毛や、VIOゾーンのムダ毛に対する男性の本音を探ってみました。

妻もハイジ女子ですし、僕も実はハイジ男子です。清潔感もあるし行為のときの感度も良いように感じるので、是非おススメです

出典:http://be-agent.jp

男性もVIOゾーンに近いところを脱毛!?たしかに、彼のパーソナルスペースに余計なムダ毛が無いほうがすっきりしていいですよね。ということは、たしかに女性のVIOゾーンもムダ毛が無いほうがいいですよね。

モジャモジャあると、なんとなく汚らしい感じがしてしまいます。だからもしハイジニーナにしてくれるなら、脱毛費用を全額出してあげてもいいくらいです

出典:http://be-agent.jp

VIOにムダ毛があるだけで汚らしいと思われてる・・・ちょっと、いや、結構ショックです。
いくら清潔にしているつもりでもムダ毛で印象が悪くなってしまうのですね。

日本人はワキ毛は絶対に処理を欠かさないのに、下の毛になるとだらしなくなるのが嫌いでたまりません。
彼女にも付き合いだしたら抜くようにしてもらっています

出典:http://be-agent.jp

たしかに。脇・足・腕のムダ毛には皆さん注意を払われていますよね。VIOゾーンもムダ毛なのだから他の箇所並みにVIOゾーンにも力を入れてね、ということでしょう。

個人的にハイジニーナは清潔感があっていいと思う。キレイになろうと努力するのはいいことかと。うれしいし、応援したい

出典:http://be-agent.jp

きれいになる努力!そうなんです、努力なのです!VIOゾーンの脱毛はきれいになる為です!なかなか後回しにしてしまいがちなVIOゾーンを脱毛することはきれいになる近道ということでしょうか。

実際のVIO脱毛の施術ってどんなの?

そして気になるのがVIO脱毛の施術について。いくらムダ毛の処理といってもやはり足や脇のムダ毛処理とはわけが違います。
VIOゾーンはとてもパーソナルな部分なので他人にさらけ出すのは勇気が要りますよね。そこで実際の様子をご紹介します。

VIO脱毛おススメサロンです。

VIO脱毛だけでなく、全身の脱毛プランがあります。
学生割引などのキャンペーンを行っている時期もあるようで、気になる方は要チェックです。

名称:全身脱毛サロン キレイモ
公式サイトURL:http://kireimo.jp/

何はともあれまずはカウンセリングから始まります。どのパーツをどこまで脱毛するのかを相談しアドバイスを受けます。
VIO脱毛は場所がとてもパーソナルなところなのでなかなか伝えにくいでしょうが、失敗してしまったら戻れません。VIO脱毛で気になること、不安なことはしっかり聞くことが大切です。

各サロンによって違いますが、VIO脱毛をするといっても下半身丸出しにはなりません。サロンで用意された下着のようなものを着用し、VIOの脱毛する箇所の下着をずらしながら施術します。

VIOゾーン全てにいえることなのですが、皮膚が薄くデリケートな為、多少痛みを伴う場合があります。その時は無理をせず施術者に伝えてください。またIラインOラインは粘膜に近い部分ですので施術できない箇所もでてくる可能性があります。またVIOゾーンの特にVラインとIラインはつながっているので、そこをつなげたままにするのか、切り離していいのかなど、どう処理するかキチンと相談する必要があります。

VIOゾーンの清潔がカラダにもココロにも一番

VIO脱毛は衛生的にカラダにいいだけでなく、精神衛生面でもとても有効なものです。毎月不快だった生理の時期のストレスも軽減され、日々の排泄後も衛生的に過ごせます。そしてかわいい下着や水着を着ておしゃれをすることもできます。
VIOゾーンはとてもパーソナルな部分ゆえに他人に施術してもらうのは勇気がいるかもしれません。しかし、施術者は毎日何人もの人を相手にしています。そしてプロです。その勇気を振り搾った1歩のあとにはムダ毛に悩んだ生活とサヨナラしてすっきりと過ごせるのではないでしょうか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ