たくさん泣いていいよ♡【目の腫れ対処法】で泣いた後でもスッキリ!

女は泣いて強くなる♡ 目の腫れを気にしてたら泣けませんよね?

女の子は誰しも、泣きたい時があるもの。仕事や人間関係、恋愛など、ストレスを乗り越えるために泣いて、自分の気持ちをスッキリさせることは大切です♡

ただ、泣いてしまうと次の日に目が腫れてしまうという方も多いはず!目の腫れを気にして思いっきり泣けないなんて勿体ないです。

この記事では、簡単に目の腫れを直すことができる方法をいくつか抜粋して紹介します。是非参考にしてみてくださいね♪

そもそも どうして泣くと目が腫れちゃうの?

原因①涙に含まれる塩分

涙には、多くの塩分が含まれていると言われています。

とても繊細でデリケートなまぶたが、涙によって塩分に長時間さらされることで、目の腫れにつながってしまうのだとか。

原因②目の擦りすぎ

涙が流れたとき、ついつい目を拭うために擦ってしまうという方は要注意!

擦った刺激によって、目の腫れをさらに悪化させてしまっているかもしれません。

目の腫れを治すための最大のポイントは 目の周りの【血流】を良くすること♡

方法①アイクリームを使う!

アイクリームを塗れば、目元の筋肉を緩めてくれて血流がよくなるかも!

オススメは、フローフシのアイクリーム♡パッケージも可愛い上に、機能性も抜群です♪

フローフシ THE アイクリーム

2,139円(税込)

購入はこちら

方法②ホットアイマスクで温める♡

一番手軽な方法が、市販のホットアイマスクで目の周りを温めること。泣いてしまったときのために、家にストックしておくと良いかもしれませんね!

持っていないという方は、ホットタオルで代用しても大丈夫♪

蒸気でホットアイマスク

めぐりズム / ¥1,372

購入はこちら

方法③ 使用済みティーパックをまぶたにオン!

紅茶のティーパックを2個用意!紅茶を入れた後に捨てるのではなく、まぶたの上に載せて温めてください。

紅茶の成分が、さらに効果を高めてくれるかも♡香りも素敵なので、癒し効果も期待できます♪

方法④目の周りを優しくマッサージ!

乳液など滑りがよくなるクリームを塗って、マッサージをしましょう!

強くやりすぎて刺激を与えてしまうと逆効果なので、注意してみてやってみてくださいね♡

腫れを予防することも大切です!

まぶたを直接ハンカチでふかないこと♪

泣いてしまったときは、直接まぶたの涙をふくのではなく、一回頬まで涙が流れるのを待ってからふき取るようにしてください。

なるべく、まぶたに刺激を与えないことが腫れ予防につながります!

泣いた次の日でも【スッキリアイ】で 気持ちもリセットしちゃおう♡

泣いた次の日まで、目の腫れを見て嫌な記憶を思い出したくないですよね!しっかり治して、新たな一日をスタートさせちゃいましょう♡

たくさん泣いて自分の気持ちと向き合い、次の日からはハッピーモードに切り替えて♪

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ