化粧水をゴクゴクのみ込むスキンケア♡ 噂の【◯◯化粧水】を調査!

    本気のスキンケアしてますか? 本気のケアは、めんどくさい!

    乾燥が気になる今の季節、スキンケアはどうしていますか?洗顔、化粧水、乳液のみ……という人貴女!実はそれだけでは完璧と言えないんです。

    冬の乾燥を防ぐには、化粧水をしっかり浸透させるための「導入化粧水」が欠かせません。今回は、そんな「導入化粧水」について徹底解説しちゃいます♡

    そもそも「導入化粧水」って何? 「ふきとり化粧水」とは違うの?

    導入化粧水とはその名の通り、化粧水の浸透をよくするために"前段階"でつける《美容液》のことを言います。一般的な呼び名では「ブースター美容液」「プレ化粧水」とも呼ばれています。

    人間の肌は、外から入ってきたものを浸透させる力はありません。逆に体に悪い物を取り込まないようバリアを張っているのです。化粧水が思うように浸透していかないのはそのためです。

    導入化粧水とは、「活性剤」や「アルコール」を使って、そのバリアを一時的に弱らせるものなのです。

    「導入化粧水」には、賛否両論がある! 合う・合わないは自分で見極めて♡

    色んなメーカーから発売されている導入化粧水ですが、その賛否は別れているようです。ネットでは「まったくの逆効果」と言った声も見受けられます。

    肌のバリアを一時的に取り払うので、肌が乾燥したりダメージを受けやすくなることや、「アルコール成分が肌を痛めてしまうのではないか」という懸念があるためです。

    そのため、導入化粧水は《敏感肌さん》にはオススメできません。また、肌荒れが気になるときは使うのを控えましょう。デメリットもありますが、上手に使えばかなりの効果を得られるのも事実です!

    導入化粧水の正しい使い方!

    洗顔後すぐ、化粧水の前につける!

    洗顔後は肌が乾燥しやすいので、間をあけずに導入液をつけましょう。製品により異なりますが、拭き取りタイプのコットンでつけるものは、こすり過ぎに注意しましょう。

    現在では、手軽に使えるスプレータイプや敏感な肌の人に向けたミルクタイプなど、様々なものが発売されています。自分にあうものを探してみると◎

    導入化粧水の落とし穴に注意!

    導入化粧水を使った後の肌は、"スーパー敏感"!

    導入化粧水を使った直後の肌は、いわば「バリアフリー」の状態にあります。そのまま放置したり、適量の化粧水をつけなかったりすると、肌が痛んでしまいます。

    導入化粧水をつけたら、たっぷりの化粧水を使って肌に潤いを与えてあげましょう。さらに乳液→クリームと続けることで、肌に水分を閉じ込めた状態で再びバリアを作ることになりますよ♡

    【筆者厳選】オススメの導入化粧水3選♡

    手軽に使えるスプレータイプ! 《evian フェイシャルスプレー》

    導入化粧水として人気が高いのが、飲料水で有名な「evian」の導入化粧水です。手軽に使えるスプレータイプで、顔全体に簡単にいき渡らせることができます。

    きめ細かくふんわりとしたミストなので、ベタつく心配もありません!お値段もお手頃なので、初心者さんにはもってこいのアイテムです。

    フェイシャルスプレー

    evian
    ¥1,566(税込)

    購入はこちら

    人気のブランドは、コスパ抜群! 《無印 導入液》

    プチプラ価格で、効果もしっかり感じられると話題の《無印》の導入液です。

    さらっとした質感が人気の導入液で、「さっぱりだけど潤い感たっぷり」のお肌を実現してくれるんですよ♪

    導入液

    無印
    200ml ¥1,290(税込)

    購入はこちら

    12/1に発売された期待の新人♡ 《雪肌精 サイクレイター》

    12月1日にガッキーのCMでおなじみの《雪肌精》から発売された導入美容液が、じわじわ口コミ人気を集めています。

    この導入液は、化粧水の浸透をよくするだけでなく、美白効果も得られちゃうんだとか!お値段はそこそこしますが、試してみる価値ありですよ♪

    サイクレイター

    雪肌精
    ¥6,480(税込)

    購入はこちら

    手間ひまかけた肌は、 きっと期待に応えてくれる♡

    導入化粧水本体には、肌を潤わせる効果はあまりありません。ですが、その後の化粧水や乳液の浸透力をUPさせることで、乾燥しがちな肌に潤いをもたらしてくれるんです!

    正しい使い方をして、手間ひまかけた肌は、必ず貴女の期待に応えてくれますよ♪是非試してみてくださいね。

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ