【脱!冬太り】食べ過ぎを上手に◯◯◯ 《自分史上最強BODY辞典》

    うっかり食べ過ぎちゃう今の時期! 《食べ痩せ&リセット》で解決すべし♡

    体に脂肪をためこむ冬「糖質」は特に注意×

    冬は寒さに打ち勝つために体が「脂肪」をため込もうとしちゃう!そのため食欲が出て食べ過ぎて太ってしまうんです。忘年会やお正月とイベント続きなのも原因……

    そこで今回は、「冬太り」を未然に防ぐために知っておきたい《食べ痩せ術》をご紹介します♡

    冬太りしないための 《5つのルール》を知るべし◎

    ⒈「糖質ラスト」は鉄則

    冬に食べがちなものは「糖質」だらけなので、太る原因を防ぐためにも注意が必要◎外食のときでも、先に「タンパク質」や「食物繊維」をとり、最後に糖質をとると血糖値の急上昇防止になります♡

    ⒉「タンパク質」はしっかり食べてよし

    「肉や魚」・「卵や大豆製品」などのタンパク質は、「血糖値」を上げにくくしてくれ太りにくいんです!そのためしっかり食べることで、脂肪を「筋肉」に変えてくれる◎

    ⒊「ちょい食べ」しておいて食べ過ぎ防止

    飲み会の日は夕方頃に、腹持ちがいい「タンパク質や油を含むもの」をとっておくと夜の食べ過ぎ予防になります◎料理を食べる時も、一品ものや丼ものより「定食」など品数の多いのを選ぶのも大事♡

    ⒋「ワイン」を選ぶべし◎

    ワインは、血糖値を下げる作用があります。特に「白ワイン」は、ミネラル成分に痩せ効果があるので飲むなら「ワイン」が◎

    ⒌「ゆっくり食べる」のが◯

    おしゃべりしながら食事をすると、自然に食べるのがゆっくりに◎ゆっくりたべると「血糖値」の上昇が緩やかになったり、少量でも満腹になります♪

    太りにくいのはどっち? 《年末に食べがちな物》で徹底検証♡

    年始年末のイベントで「定番のあのメニュー」 ♯覚えておいて賢く《食べ痩せ》

    ①「ビールvs日本酒」
    日本酒の方が糖質が多いが、飲むペースが遅めなので食後血糖値の上がり方は「ビール」と同程度♪自分が飲み過ぎない方を選ぶのが正解◎


    ②「コンソメスープvsクラムチャウダー」
    小麦粉をたくさん使うクラムチャウダーは、糖質が多めなので「コンソメスープ」がおすすめ◎ただし、人参など糖質が多い具に注意しましょう♡

    ③「フライドポテトvsフライドチキン」
    どちらも衣に糖質が含まれますが、フライドポテトのほうが糖質が多いじゃがいもを使うのでNG!「フライドチキン」にはタンパク質もあるのでおすすめです◎

    ④「おでんの厚揚げvsおでんの大根」
    高タンパクの「厚揚げ」の方が太りにくいんです◎大根は実は糖質が少々高め。大豆製品の厚揚げは、タンパク質が多く糖質が少なめなので、覚えておくといい情報です♡

    ⑤「すき焼きvs肉じゃが」
    具が肉や野菜中心のすき焼きが勝ち!でんぷん多めのじゃがいもを多く使う肉じゃがより、牛肉や野菜・きのこを中心に使うすき焼きgoodです♡

    ⑥「ハンバーグvsステーキ」
    シンプルに焼いたステーキが◎ハンバーグはつなぎのパン粉に糖質が多く含まれているうえ、柔らかいので食べやすく血糖値を上昇させがちなんです。

    ⑦「カルボナーラvsナポリタン」
    具材にタンパク質が多いカルボナーラが◎タマネギやケチャップなど糖質が多い食材を使う、ナポリタンは太るメニューなんです!

    ⑧「ショートケーキvsチーズケーキ」
    小麦粉が少ないチーズケーキが◎ショートケーキは、砂糖も小麦粉を多く使っているのでNGです!

    「食べ痩せ」をして 冬太りにさよならしちゃおう!

    太りやすい季節だからこそ、美意識を高めるのは大切です◎

    食べ痩せをして、年末年始のイベントを思う存分楽しんじゃいましょう♡

    関連するまとめ

    このまとめに関するまとめ

    アクセスランキング

    最近アクセス数の多い人気のまとめ

      TOPへ