ダイエットマニアが実体験から教える!「それだめー!」ダイエット。

夏は気合でやせたけど、秋冬のダイエットどうしよう、なんておもっていませんか?痩せてキレイになりたい、と思う子も多いと思います。でも、間違ったダイエットをすると、痩せてキレイになるどころか、逆効果です。正しいダイエット、できてますか?

「痩せる」と「やつれる」は同じようで違う!

痩せてキレイになることは、女の子が誰でも思ったことがあると思います。実際にダイエット中の子も多いかもしれません。

でも、間違ったダイエットをしてしまうと、キレイを目指しているのに、キレイから遠ざかって行ってしまう可能性も!

確かに痩せるけど……「断食ダイエット」

前日、「飲みすぎたから」「食べ過ぎたから」と、次の日に断食をしたりしていませんか?あまりにも気持ち悪かったり、お酒などのせいで胃腸の調子が悪い時以外は、3食ある程度の食事をしましょう。

食事の中で、炭水化物を減らしたり、体に優しいお味噌汁を飲むなど調整をしてください。

断食することで、身体は飢餓状態になり、次に入ってきた食物で全栄養を補おうとし、必然的に、脂肪分や糖分を多く取り込むようになると言われています。
また、女の子の身体に、月経異常を含直接的に影響が出てきてしまいます。

筆者も一時期やっていたことがありますが、月経異常だけでなく、爪の色が変色してしまったり、ぶつけていなくてもあざができたりと、わかりやすく異常なことが起こるので、本当にお勧めできません。

ある程度は必要な栄養素「炭水化物抜きダイエット」

毎日3食摂るのは難しいかもしれませんが、1日1食程度は摂れるようにしましょう。炭水化物は太ると思われがちですが、ある程度の栄養素を含んでいます。パンやごはんに含まれる、ブドウ糖という成分は、頭の働きを活発化させると言われています。

なので、「朝ごはんはしっかり食べる」と言われるのです。

歩く、立つ、などの通常の動作にもエネルギーとなる炭水化物。食べ過ぎはもちろんNGですが、おにぎり1個でも十分です。

また、お手軽ではありますが、パンよりもおにぎりのほうがエネルギーに代わりやすいのでおすすめとされています。

水菓子という表現があるほど。「果物ONLYダイエット」

果物だけを食べて、痩せる、というダイエットが一時期流行りましたが、こちらもあまりお勧めできません。

果物は、和料理などの中で「水菓子」と表記されるほど、お菓子のように糖分が多いとされています。もちろん果糖なので、身体に悪いわけではないのですが、糖分が多い分、その糖分が蓄えられてしまうのも事実です。

おやつ程度、朝ごはんに、などでとどめておくといいと言われています。果物自体は、ビタミンやミネラルが豊富なので、全くとらないというよりも、時々とる程度がいいと言われています。

物によっては逆効果。「単品ダイエット」

リンゴやバナナ、トマトだけを食べ続けるダイエットが一時期流行しましたが、効果を実感した人は少なめ。食べているとはいえ、栄養が偏ってしまいます。なので体に良くありません。

パンだけ、お菓子だけ、なども行う人がいますが、こちらも同様です。

バナナやトマトはスポーツ選手も食べているから、と思う方もいるかもしれませんが、スポーツ選手などは、すぐにエネルギーに変えるために、日々の食事管理をしっかりしたうえで、口にしているので、エネルギー変換も早く行えると言われています。

落ちていくのは筋肉から。「NO運動ダイエット」

運動やトレーニングなしでは、きれいに痩せることができません。脂肪よりも先に落ちるのは筋肉。ただただ、たるんだ体になってしまいます。
筋トレや、少しでも運動やトレーニングを取り入れてみましょう。

・駅は階段を使う
・1駅分歩いて帰る
・足パカを習慣にする
・電車の中でおなかを引っ込めて立つ
・背筋を伸ばしてデスクワーク
など
日常生活の中に何気なく取り入れるだけでも変わってきます。

女の子の身体はバランスよく、が何より大事。ダイエットの罠にとらわれないで!

女の子の身体は、男子と違って、複雑で繊細です。月経や、情緒不安定など、身体と心のバランスを保つことに、密かにかなりの体力を使います。

バランスが取れないと、月経異常やどことなくだるい、といった、不調が表だって出てくるのが女の子。キレイを目指しているのに、遠ざかっていては意味がありません。
せっかくダイエットをするのなら、あなたの魅力をもっと引き出すものにしましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ