全身脱毛が痛いって本当?その原因と痛みを和らげる対策まとめ

「全身脱毛」と聞くと痛いのではないかと不安に思う人は多いのではないでしょうか?全身脱毛は初めてする人にとってわからないことが多く不安な気持ちになります。しかし施述を受ける前に痛い部分や痛みを和らげる方法などを知っておくと安心して全身脱毛を行うことができます。

全身脱毛とは

「全身脱毛」という言葉はよく聞きますが、
実際に全身脱毛における「全身」とは、どの部分を指すのでしょうか。
言葉からは「気になる部位全ての脱毛」というイメージを持ってい人が
ほとんどだとおもいます。
ですが基本的には広範囲にわたる脱毛を行う場合に全身脱毛と呼んでいます。

しかし、この全身脱毛はサロンによって施述の範囲は違います。
全身脱毛を行う場合は「どの部分をしてほしい」というのを確認してから
それに見合った施述をしてくれるサロンを選ぶようにしましょう。

全身脱毛が痛いのは本当?

全身脱毛は、未経験の人でもその効果の高さやメリットは口コミや雑誌の情報などで
知っているとおもいます。
自己処理での脱毛は、面倒なだけでなくその後のケアなどもしっかりしないと
肌トラブルなどのマイナートラブルが起こってしまいます。

しかし実際に全身脱毛を施述してもらおうと思っても
「全身脱毛って痛いのではないか?」と思っている人は多いとおもいます。
これは一概に「全身脱毛=痛い」とは言えません。
確かに痛いことは痛いので、少しの覚悟は必要です。
しかしこれは痛みの感じ方には個人差があるので人それぞれです。

ですが実は、痛みを感じる部位はある程度決まっています。
例えば、Vラインだと毛質が太くて硬めですし、密集して生えているので
こうした部位は、比較的痛いと感じやすいと言われています。

全身脱毛の主な施述方法

全身脱毛は主に大きくわけて4つの施述方法があります。
施述方法はそれぞれ違うのでよく理解し
自分にあった施述方法を選びましょう。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は電流を使って永久脱毛のできる、脱毛の効果の高い施術法です。
永久脱毛の場合はレーザー脱毛かニードル脱毛という方法がありますが、
レーザー脱毛よりも効果が高いと言われています。
ただし、効果が高い分痛いと感じる人も多いようです。

しかし、ニードル脱毛は痛みを伴うので
全身のムダ毛を処理している人はあまりいないので、
パーツごとに取り入れていくのが一般的です。

刺激が大きいものでもあるので、体質的に難しい人もいます。
さまざまな理由で合わないという人もいますし、
大丈夫と思って契約しても理由があって続けられなくなってしまう場合もあるので、
自分が続けられるかどうかきちんと慎重に検討していく必要があります。

医療脱毛でも使われている所がありますが、
基本的にはエステサロンの脱毛メニューなどでよくみかけます。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は永久脱毛の効果がありニードル脱毛よりも価格が安く、
痛みが少ないので、ムダ毛処理の効果を重視している人に
取り入れやすい施述方法です。

しかし、中には痛みに弱い人や、全身脱毛などをレーザー脱毛で全て行なうと
予算オーバーになってしまう人もいます。
なので自分にとって良い取り入れ方を慎重に考えて契約していくようにしましょう。

レーザー脱毛には医療レーザーもありますから、エステサロンや脱毛サロンだけではなくクリニックの脱毛も合わせて検討するようにすると良いでしょう。

最近では光脱毛をしているサロンが格安のメニューを沢山だしていますが、
効果を感じにくいといった声もあります。
そういった意味ではレーザーの効果の高さはより安心できると言えます。

光脱毛

光脱毛は安く脱毛できてここ数年でどんどん人気が高くなっている施述方法です。
しかし、その分効果が感じられないような悪質サロンも増えているので注意しましょう。

光脱毛は回数無制限で通えるコースを選ぶのがオススメです。
ただし、回数無制限と言っても本当に無制限なわけではありません。
実際には期間が決まっていたりするので無限に通えるわけではありません。

それでも回数が多いコースということで、効果を感じやすくはなるでしょう。
また、メニューの価格だけではなく長く通っていけるサロンを選ぶことも大切です。
全身脱毛のコースなどはムダ毛処理に時間がかかるので、
通いやすいサロンをみつけましょう。

さらに、光脱毛でもサロンで手入れをしておけば、
セルフケアは随分とラクになります。

医療脱毛

医療脱毛とは病院で行なう脱毛です。
医師の診断がありますので、安心してムダ毛処理を行いたい人にオススメです。

基本的にはレーザー脱毛かニードル脱毛が取り入れられていて、
ほとんどがレーザーでの施術を行なっています。
サロンで行なうものより効果が高いので
値段は少し高めで痛みも強いものとなっています。
しかし施術完了後はほとんどセルフケアが必要ないとも言われています。

医療脱毛にこだわって探している人もいますが、
その理由としてはやはり効果の高さにあります。
光脱毛などをしても満足できる効果が得られなかったような人に人気があります。

また、何トラブルがあっても適切に対処をしてもらえます。
こういったことからも安心して任せられるという人が多いようです。

全身脱毛ならクリニックの医療レーザーがおすすめ

全身脱毛の中でも人気の永久脱毛の方法として、
針脱毛・レーザー脱毛の二種類があります。
針脱毛は、ひとつひとつの毛穴に極細な針を刺し、
電流をが生えてくる細胞を破壊していきます。
これは毛が生える原因を経てば、再生することはないという原理になっています。
しかし、毛穴に針を指すということ、そしてそこから電流を流すということは、
どうしても痛みが生じてしまいます。
しかし永久脱毛としては一番効果的なので「どうしても針脱毛をしたい」
「痛いのも耐えられる」という場合は、クリニックでの施術をお勧めします。
なぜならばクリニックなら医療行為が可能なので、麻酔をしてもらえるからです。

ただし、針脱毛は一本単位での値段になるのでとても高いのが難点です。
なので、どうしても痛いおもいをすることに抵抗のある方は、
針脱毛はではなくレーザー脱毛を利用することをお勧めします。
レーザー脱毛は照射するだけなので、針による施術よりも痛みを感じません。
また、針脱毛と比べて1回の施術にかかる時間も短くて澄むというメリットもあります。

レーザー脱毛の部位別痛み

脱毛サロンでは主にフラッシュ脱毛が行われています。
しかしこのフラッシュ脱毛は威力が弱いこともあって
痛みもそれほどではありません。
ですがクリニックで行われているレーザー脱毛は威力が強いぶん
痛みも強いと言われています。

しかし痛い思う度合いにも個人差があります。
さらに、毛の濃さや生え方、皮膚の状態などでも痛みの度合いはかわってきます。
それについては実際に受けてみないとわからないのですが、
部位ごとに痛みの感じ方も違います。

あまり痛みを感じない部位

あまり痛みを感じないのは
お腹・背中・お尻といった皮下脂肪の多いところや
それほど毛が濃ゆくないところです。

こういった部位は痛いと感じる人も少なく、
あまり痛みを気にすることなく安心して施述を受けることができます。

そのほかにも、あご・頬・肘うえなどもあまり痛みは感じないと言われています。

人によって痛みを感じる部位

肘下・膝上・眉・鼻下・手の指などは人によっては痛みを感じる部位です。
毛が濃い人の場合は機械の出力を上げざるを得ませんので痛みも強くなります。
ですがこの痛みは個人差もありますが、我慢できないほどではないでしょう。

かなり痛い部位

わき・ひざ下などはかなり痛みを感じやすい部位とされています。
この部分は自己処理をすることが多く、それによって毛が太くなりやすい部位です。
さらに、ひざ下は皮下脂肪が少なく、皮膚のすぐ下に骨があるので、
痛みを感じやすくなっています。

こういった部位の脱毛は痛みを伴うことが多いです。

痛みが大きい部位

多くの人が脱毛をする際に痛いと感じる部位は
やはりデリケートゾーンです。
特にVラインとIラインで痛みを感じる人が多いと言われています。

なぜこの部分が痛みが大きいのかというと、
ただでさえデリケートな部位であるうえ、
太くて丈夫な毛が密集している部位でもあります。
なので痛みに強い人でもある程度の痛みは覚悟はいります。
痛みに弱い人の中にはこの痛みに耐えきれない人もいます。
その場合はクリニックによっては麻酔をしてくれるところもあるので
相談してみるのもいいでしょう。

全身脱毛の痛みを和らげる方法

「全身脱毛ってやっぱり痛いんだ」と思っている人もいると思いますが、
実は全身脱毛の痛みを和らげる方法はあります。

日頃からの保湿や紫外線対策を心がけるだけでも随分痛みを和らげることができます。
なのでぜひ実践してみましょう。

紫外線対策・保湿ケア

まず、全身脱毛に通いはじめたら紫外線対策と保湿をしっかりと
行いましょう。
日焼けをしてしまうとフラッシュが肌に分散されて痛みが強くなり
やけどをしてしまうおそれがあります。
また、肌の水分量が少なくてお刺激を強く感じてしまうおそれがあります。
なので毎日のケアをしっかりとしましょう。

この時大切なのが、高価な保湿アイテムを使うのではなく
毎日続けられるケアをしましょう。
安いものでも大丈夫なのでローションとクリームでケアをしましょう。
さらに、脱毛期間中はなるべく肌の露出をせず、
肌が露出しているところはこまめに日焼け止めを塗るようにしましょう。

生理期間中は避ける

生理期間中は肌がデリケートになっています。
肌がデリケートになっていると脱毛の痛みを感じやすくなります。
肌バリア機能が低下してしまい、常に乾燥しがちな状態になっているので
保湿をしてもあまり効果が得られないことが関係してくると考えられています。

生理前の痛みは個人差が大きく、強く痛みを感じてしまう人とそうでない人がいます。
もし痛みを強く感じてしまう場合は肌トラブルの原因となってしまうので
気をつけましょう。

大きな脱毛機器があると良い

ハンドピースの大きな脱毛機は短時間で完了できます。
ムダ毛が広く濃く生えているパーツを小さなもので脱毛していると効率が悪く、
いつまでも経っても施述が終わらずに痛みも長引きます。
時間が長ければ長いほど苦痛を感じてしまうものです。
小さなハンドピースでは脱毛のスピードにも限界があり早く済ませられません。

その点大きなハンドピースを使っている脱毛サロンは
一度に広範囲を脱毛できるので小さいハンドピースの
半分以下の時間で脱毛が完了します。

目安としては、無料体験のときにワキ10分・
ひざ下で20分以上かかってしまうのであれば
小さなハンドピースを使っている可能性が高いです。
しかしワキ2分・ひざ下10分程度だと早く脱毛ができれいれば
大きなハンドピースを使っている可能性が高いので濃いムダ毛も
あっという間に脱毛することができます。

無理せず休憩しながら

広くムダ毛の濃いパーツを小さなハンドピースで一度に脱毛を
しようとすると痛みが強くでてきます。
長時間脱毛を続けていると疲れてしまうこともあります。
そのような場合はスタッフに申し出て休憩をしながら
脱毛をしていきましょう。

冷やしてもらう

施述の際は、サロンで冷たいジェルや保冷パックで冷やしてから
施述を行う場合が多いです。
冷やしながら施述すると痛みが和らぐ場合があるので
スタッフの方に相談してみましょう。

出力を下げてもらう

最終的には脱毛機器の出力を下げてもらいましょう。
通常、出力の大きいものは効果が高く、脱毛を短期間で
済ませられますが、ムダ毛への効果が高い分肌への負担も大きくなります。
光の種類が違うものの、クリニック脱毛は出力を上げているので、
痛みが強いけれど短時間で脱毛することができます。

もし痛みが強くて我慢できないのであればスタッフにお願いして
脱毛機の出力を下げてもらいましょう。
脱毛期間が長引いてしまうかもしれませんが、申し出れば肌に負担がかからないように
脱毛してもらえます。

痛みを軽減させる麻酔について

クリニックで行われるレーザー脱毛ではどうしても痛みに耐えられない場合、
痛みを軽減させる麻酔があります。

毛が濃い部分や特に痛い部分は、麻酔をしても全く無痛と言う訳には
いきませんが痛みはかなり軽減されます。
痛みに弱い方は麻酔を使用するのも良いのではないでしょうか。
料金は部位によって異なりますが1部分2~3000円程度の所が一般的です。

レーザー脱毛では麻酔があるって本当?

レーザー脱毛で行われる麻酔といっても、
手術のときのような注射や点滴などでする麻酔ではなく、
皮膚の表皮に塗る麻酔クリームを使うクリニックが一般的です。
その他に笑気ガス(亜酸化窒素ガス)という麻酔を使うクリニックもあります。

クリーム麻酔

クリーム麻酔は塗布して30分位で畏怖の表面の感覚を鈍くさせます。
しかし、施術後 しびれたような感覚は5-6時間続く場合があります。

笑気麻酔

笑気麻酔とは、笑気ガス(亜酸化窒素ガス)を吸入して、
痛みをとる麻酔方法です。
これは吸入をやめるとすぐに醒める麻酔です。
濃度を自由に設定出来るので危険性や副作用が少ないのが特徴です。

痛くないサロン人気ランキング

脱毛サロンで行っている光脱毛は、他の脱毛法と比べても痛みが少ない方法です。
しかし、デリケートゾーンなどの敏感な部位は光脱毛でも痛みを感じることもあります。ですが、脱毛サロンの中には特に痛みが少ない脱毛を行っているところもあり
人気となっています。

痛みの感じ方は個人差があるので、口コミだけでは分からないこともあります。
そのため、痛くない脱毛を行っているサロンを見分けるために
確認ポイントが3つあります。

・どんな脱毛機を使っているか
・痛みを軽減するために何か工夫しているか
・スタッフの技術力

これらの点を確認すれば痛くない脱毛を行っているサロンが分かります。

キレイモ

キレイモは脱毛と同時にスリムアップ効果があるサロンです。
さらに最新の国産脱毛マシンを導入しているため、
脱毛時の痛みが少ないところもポイントです。
冷却ジェルを使わないので体が冷えず快適な脱毛ができます。
全身脱毛で月額9500円と料金が安い上に、
脱毛しながら全身引き締めダイエット効果が期待できるので人気のサロンです。

銀座カラー

銀座カラーは保湿ケアで脱毛後の仕上がりがキレイな脱毛サロンです。
脱毛時の痛みが少なく肌に優しいIPL脱毛と皮膚科医と
共同開発したオリジナル保湿マシンの導入しています。
なので脱毛しながらも肌荒れしにくいツルツルの肌へと導きます。
全身脱毛なら1回60分で完了し、2ヶ月に1回施術を受けることができる
スピード脱毛があります。

ディオーネ

ディオーネは痛みゼロのハイパースキン脱毛を売りにしている脱毛サロンです。
痛みゼロで安心のハイパースキン脱毛を提供しています。
さらに、通常の多くの脱毛サロンで行われている光脱毛よりも
脱毛時の痛みが少ないので、アトピー肌や敏感肌など肌の弱い方でも
安心して施術を受けることができるのもポイントです。
料金が通常の脱毛サロンと比べてやや高めの設定ではありますが、
肌の弱さで脱毛を諦めていた方や光脱毛時の痛みに耐えられない方におすすめです。

「全身脱毛」=「痛い」というわけではない

「全身脱毛」=「痛い」というイメージもだいぶかわったのではないでしょうか?
たしかに、痛みには個人差があるのでどうしても痛みを感じてしまう人はいます。

ですが、全身脱毛をする際にどういった施述方法を選ぶかで痛みはだいぶ違います。
アフターケアや全身脱毛をする時期を選ぶだけでも違います。
大切なのは自分の状態をきちんと理解し、それに合わせた脱毛方法を選ぶことです。
もし自分だけでは不安がある人は、クリニックやサロンのスタッフと
相談して決めることをおすすめします。

日々の生活を快適にするため、オシャレをするために脱毛している
女性はたくさんいます。
自分に合ったサロンを見つけて、ぜひ脱毛に挑戦してみてはいかでしょうか。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ