冬だけど大事!においを軽減するための脇毛の処理方法をご紹介

色々な脇毛の処理の方法がありますね。みなさんが実際にしていたり、気になっている方法はなんでしょうか。これからの季節も、脇毛にもにおいにも気が抜けませんね。どんな方法でも処理後のケアをしっかりとして、脇毛ともにおいとも上手にお付き合いしていきたいですね。

みんな気になるにおい!脇毛などのムダ毛処理方法

ムダ毛処理。
老若男女問わず、悩んでいる人は多いですよね。

その中でも、においも伴いよけいに頭を悩ませるわ脇毛の処理についてまとめてみました。

わきのにおいと脇毛は関係ある?

わき毛を脱毛すると、わきがの原因となる細菌の繁殖防ぐことが出来ると共に、臭いの原因となるアポクリン腺にダメージを与えわきが臭を抑制させることが出来ます。

Sun Nov 27 11:17:22 +0000 2016

その答えはズバリ

「あります」


なぜなら、脇のにおいの元となるアポクリン腺というのは毛穴に隣接していることが多く、
そこから汗とにおいを発しており、その嫌なにおいを脇毛が吸い取り、余計ににおいが増してしまっているからです。
なので、脇のにおいが気になる人は脇毛の処理をすることによってにおいが軽減するようです。

特に、脇のにおいがきつい人は脇毛が多いため、においが倍増してしまうようです。


でも、季節は冬です。
誰に見せるわけでもないからいいや、と手を抜いていませんか?

冬こそ脱毛?冬のほうがにおいがきつくなる!

え?と思った人は多いとおもいます。

女子で冬もわき毛生えてない人はモデルとかコンパニオンとかキャバ嬢とかで露出ある人か永久脱毛してるような人たちくらいでしょ割とみんな生えてるよ

Wed Nov 23 19:08:26 +0000 2016

わかります。
見せなくてもいいのに、見えないのに処理しませんよね。

ノースリーブなどの露出が多い服を着たときや、薄着の時にワキ毛が気になるという意見が多いようです。そのため、季節では夏が一番わき毛を処理する頻度が多くなり、冬は7割、夏は9割以上の女性が、わき毛を処理しているようです。

Fri Nov 25 14:22:14 +0000 2016

そうですよね。
露出が少なくなり、汗もかかなくなるこの季節になぜ?
と思いますよね。
脇毛ともにおいとも縁遠いこの季節くらい、毎日面倒なムダ毛処理をお休みしたい!
と感じている人は多いはず・・・

なるほど。
夏に比べて水分摂取量が減ることにより、汗のにおい自体がきつくなるからなんですね。
ただでさえにおいがきつくなるのに、それが脇毛に絡んで、そのにおいが衣服に・・・

想像しただけで切なくなります。


では、脇毛などのムダ毛処理にはどんな方法がよいのでしょう。

脇毛などのムダ毛処理の方法は?

ムダ毛処理には8種類の方法があります。

1 フラッシュ脱毛
2 レーザー脱毛
3 ニードル脱毛
4 家庭用脱毛器
5 ワックス脱毛
6 除毛クリーム
7 カミソリ
8 毛抜き

聞いたことがあるものも、聞いたことがあっても方法を知らないものなどあると思いますので
いくつかご紹介します。

お家で簡単にできる方法

カミソリ

「脇毛などムダ毛を処理したい」
と思いつく一番身近で安価な方法は、カミソリで自らコツコツと剃る方法ですよね。
今はカミソリの性能もよくなり、色々な種類のカミソリが売られていますよね。
入浴のついでに脇毛やムダ毛処理をしている人も多いのではないでしょうか。

剃るとちくちくして痛いし 抜くと一時的になくなるけど横に生えたり不具合が多い

Sat Nov 19 13:42:56 +0000 2016

@takahiro25love 剃ると真っ赤になって痛いんですよ...何故か抜くと大丈夫なんですよ

Sat Nov 19 03:23:38 +0000 2016

そうなんです。
皆さんも一度は経験したことがあると思います。
いくら性能が良くなっても、悩んでいる問題は昔も今も変わらないようです。

その上、脇毛を剃ると余計に臭くなると聞いたことがありますが・・・

カミソリで剃るとワキガになるというのはちょっと違うようです。
間違った自己処理による炎症などで清潔ではなくなり
ワキガになる人が増えているそうです。例えば抜いていて失敗すると
毛が埋まったりしますよね?そういうのを繰り返すと毛根が炎症を起こす
ことになり・・・といった流れだそうです。

出典:http://oshiete.goo.ne.jp

脇毛を剃るという方法が間違っているわけではないようですね。

肌に少しは負担がかかっていると思います。
髪の毛を抜くと痛いように自然に逆らってるわけですから。
でも、処理はしたいですよね。。。やっぱり処理後のケアが大切なんだと思います。また処理をする時も肌をいたわりながらするといいですよね。
私も処理には手を焼いていますがいつまでも綺麗でいたいから
手をかけてやろうと思ってます。

出典:http://oshiete.goo.ne.jp

ケアが必要なんですね。
でも、どんな風にケアするのがいいのかわからない・・・

悩みは尽きませんね。

続いてもカミソリ同様、自分でお家で簡単に出来る方法からみていきましょう。

ブラジリアンワックス・除毛クリーム

除毛クリームは、ドラックストアなどでも置いてあり
手に取りやすく、使用方法も簡単なので、使用したことのある人は沢山いるのではないでしょうか。
肌に直接塗り、毛を溶かすことにより除毛してくれるクリームです。

ただ、クリームを塗った表面の毛は溶かして綺麗にしてくれるのですが、毛根は残ってしまうので、しばらくすると毛が生えてきてしまいます。
また、毛はタンパク質でできています。
そのタンパク質を溶かす薬剤が含まれているので、肌に直接塗ることで、肌を痛めてしまう恐れがあるので、使用する際は十分に注意する必要があるようです。

ブラジリアンワックスは、耳にしたことがある人もいると思いますが
実際に使用したことのない人も多いと思います。

ワックスのような液をムダ毛の気になる箇所に塗って、しばらくすると固まってくるので、一気に剥がすことでムダ毛を引っこ抜くという方法です。
ブラジリアンワックスはこの液体を、VIOというデリケートゾーンの周りに塗って脱毛することを言います。

現在は色々な種類のものがでています。


実際に使用しているようすはこちらです。

なんだかすごく痛そう・・・

そうです。
ブラジリアンワックスのデメリットはとにかく痛いというところなのです。

起こりうる皮膚疾患[編集]
肌荒れ、表皮剥離(施術箇所が赤くなる)、毛膿炎(毛穴がブツブツと赤くなる)、内出血(施術箇所が痣になる・腫れる)、軽度の火傷(施術箇所が熱を持つ)、埋没毛、色素沈着などの症状が起きうる。これらはワクサーの技術不足、間違ったワックスの使い方、アフターケア説明を怠った、などが原因で引き起こされる。
正しい知識と技術のあるワクサ―に施術してもらうことで、このようなトラブルの多くは予防できる。

出典:https://ja.wikipedia.org

ただ、においを消したい!脇毛をなくしたい!と痛みに耐えながら使用をしていくうちに慣れていき、痛みがなくなるようなので、愛用されている人は割といるようです。
お気づきの通り、こちらも肌を痛めてしまう恐れがあるため、使用後のケアをしっかりする必要があります。

毛抜き

こちらもカミソリ同様とてもポピュラーな方法のひとつですが、肌にはとても良くないようです。

一番おすすめできない脱毛法です!
無理やり毛を抜く事により、毛穴や皮膚が傷ついているんです。傷ができると、毛穴にかさぶたができたり膜がはってしまうと、毛が表皮の上に出てこれなくなったりします。
薄皮の下に丸まった毛があったり、毛穴が黒くプツプツしたいりする症状です。
最悪の場合、塞がった毛穴の下で細菌感染をお越してしまい『毛のう炎』を起こしてしまいます。

出典:https://docs.google.com

私も学生の頃、
何も知らずに、よく鏡に映しながら必死に脇毛と戦っていました。

こんなに肌に悪いことだと、みなさん知っていましたか?

お家で簡単にできる方法をいくつか紹介しましたが、どの方法も処理後のケアが重要なようですね。


続いては
なんだか高そう・・・
なんだか行きずらい・・・

でもどんな方法があるのか、自己処理とはどんな風に違うのか気になる!

と感じている人のためにサロンや医療機関での方法をご紹介します。

サロンや医療機関での脱毛方法

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、特殊な光を毛根近くのメラニンに反応させて、毛母細胞にダメージを与えることによって、毛の再生を抑制するというものだそうです。
SSC脱毛とIPL脱毛の二種類があります。
カメラのフラッシュのような光のため「フラッシュ脱毛」と呼ばれています。

フラッシュ脱毛は
・痛みが少なく、施術時間が短い
・医療脱毛よりも安く、格安プランもある
・一度に広範囲の脱毛が可能
などのメリットがありますが

・効果が弱い
・ほくろがある場所では脱毛できない
・産毛や色の薄い毛、日焼けした肌では脱毛できないところもある
・施術者によって差が出る
・長期間何回通っても、医療クリニックのレーザー脱毛より効果が低い
といったデメリットもあるようです。

レーザー脱毛

皮膚の表面(毛乳頭)にメラニン色素に反応するレーザー光を照射して、熱によって毛母細胞、毛乳頭を破壊して脱毛する方法です。
また、毛のライフサイクルのうち、成長期に照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれています。

レーザー脱毛は医療行為なので、脱毛サロンやエステでは施術できず、皮膚科や美容外科(美容クリニック)のみでの施術となります。

レーザー脱毛は
・永久脱毛できる
・フラッシュ脱毛に比べると効果が大きい
・エステやサロンより通院回数が少ない
・一度に広範囲の脱毛が可能
・医療機関のサポート付き
というメリットがありますが

・サロンやクリニックに比べ値段が高い
・光の出力が高いので痛い
・レーザーの熱でやけどのような状態になることがある
というデメリットがあるようです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛とは毛穴に針を差し込んで電気を流し毛根を毛穴の中に挿入し針から電流を流して、毛母細胞を腐食させる脱毛方法だそうです。
針を毛の流れに沿って挿入するので、5ミリ~1センチくらい、毛を伸ばした状態で施術をするのが特徴です。

15年ほど前までかなり一般的でした。
永久脱毛といえばニードル脱毛しかありませんでした。

ニードル脱毛は
・確実に永久脱毛ができる
・ほくろ、シミ、日焼けなどの肌状態に関係なくできる
というメリットがありますが、その反面

・すごく料金が高い
・痛みがとても強い
・広範囲には向いていない
というデメリットがあるようです。

いくつか紹介しましたが、実際なんだかよく分からない・・・ですよね。
なのでポイントとなるものを大まかにしぼってみました。

1.脱毛にかかる費用
2.永久脱毛かどうか
3.毛のタイプ
4.通う回数
5.脱毛のときの痛さ

だそうです。
人それぞれ目的や毛質など異なるので目安にしてみてください。

選ぶポイントは?

サロンに実際に行ってみたいけどどこがいいの?

近ごろは美容に関心を持つ人が増え、それと同時にサロンの数もふえてきましたが
おすすめのサロンはキレイモさんとミュゼさんです。 

基本的に
部分脱毛(脇だけなど)はミュゼさん
全身脱毛ならキレイモさんがおすすめです。

今回は全身でなく脇毛という部分脱毛をテーマにしているので
なかでもミュゼさんを詳しくあげてみたいと思います。

ミュゼさんはなぜ人気があるの?

数あるサロンの中で、なぜおすすめかというと
ミュゼさんのサロンは全国180店舗以上あり、美容脱毛専門サロンNo.1を誇る店舗数だからです。

お家の近くや会社帰りなど、通いやすいサロンがきっと見つかります。
しかも、その日の予定に合わせて通うサロンを選ぶこともできるので、とっても通いやすそうですね。

そしてもう一つのおすすめポイントは、みなさんが一番気になる料金設定です。
一概に安いというわけではないのですが、お手頃なコースからあるので、初めての人でも抵抗が少なく利用しやすいシステムになっています。

初めて利用するのにいきなり全身で!とはなりませんよね。
まずはここだけ・・・
良かったから次はここも・・・

と少しづつ段階を踏んで無理なく自分のペースで通えるようになっています。

ミュゼさんの公式サイトです。
良かったら覗いてみてください!

他にも色々なサロンがあるのでぜひ比較してみてください。
今回は初心者でもはじめやすいミュゼさんを紹介させていただきました。

自己処理と比べるとどうしても割高に感じてしまい、なかなか足が向かないかもしれませんが、プロにケアしてもらうのが肌のためには一番いいのかもしれませんね。、

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ