毛深い体毛どうにかしたい。毛深くなる3つの原因とそれぞれの対処法

毛深い体毛の対処法が知りたい!対処法の前に、体毛が毛深くなる原因を知ることが大事なんです。体毛が毛深くなってしまう3つの原因とそれぞれの対処法をご紹介。原因にあった対処法で、毛深い体毛の悩みをしっかり解消してムダ毛のないきれいな肌を目指しましょう!

毛深い体毛の対処法ってあるの?

体毛の悩みは人それぞれ違いますよね。

体毛が毛深いと、自分に自信が持てなくなるし、露出の多い素敵なドレスも着られなくなってしまいます。

おしゃれを楽しむことができないだけでなく、男性の反応も気になります。

毛深いことで、男性に恋愛対象から外されたくありませんよね。

毛深い体毛は、原因をよく知り、対処法を見つければ、毛深い体毛を改善したり、毛深い体毛を綺麗に処理することもできます。

自分の体毛が毛深い原因と、自分に合った対処法を探してみましょう。

体毛が毛深くなる原因をを知ることが大事

みなさんは、なぜ体毛が毛深くなってしまうのだと思いますか?

体毛が毛深くなる原因を考えてみたことはありますか?

毛深くなる原因がわかれば、対処法も自ずとわかりますよね。

毛深いムダ毛を改善するためには、なぜ毛深くなるのか、原因を知ることが大事です。

原因を知って、対処法を見つけましょう

なぜ体毛が毛深くなるのか、原因を調べてみました。

原因は1つだけではなく、いくつかあります。

どのような原因があるのかをチェックして、自分の体毛の毛深い原因わかると、対処法もわかってきます。

自分の体毛が毛深くなってしまう原因を知って、その原因に合った対処法を見つけてみましょう。

体毛が毛深くなる原因

体毛が濃くなる原因を3つ紹介します。

3つの原因の中から、自分の体毛が毛深い原因を探ってみて下さい。

自分の体毛が毛深い原因が、どれに当てはまるのかがわかれば、対処法を見つけることができます。

まずは、毛深い原因を探ってみましょう。

遺伝

体毛が毛深くなる原因の1つに遺伝があります。

遺伝の場合、両親または両親のうちのどちらかに毛深い人がいると、子供も毛深くなる可能性が高くなります。

もし、両親に毛深い人がいなくても、祖父母か祖父母のうちのどちらかに毛深い人がいれば、隔世遺伝でも毛深くなる可能性があります。

ホルモンバランスの乱れ

人間には、男性にも女性にも、男性ホルモンと女性ホルモンがあります。

男性ホルモンの分泌量は、ほとんど変わらないのに対し、女性ホルモンの分泌量は、加齢や生活環境の変化によって減少しやすい傾向にあります。

女性ホルモンが減少することで男性ホルモンが上回り、ホルモンバランスが乱れると、体毛は濃くなってしまうのです。

男性ホルモンが多い

男性ホルモンはテストステロンと言われていて、女性にもあります。

このテストステロンは、毛深くなることにも関係しています。

主に性毛と男性毛と言われる毛に影響を及ぼし、脇、陰毛、ヒゲ、胸毛、背中、へそ周りの毛が毛深くなります。

それぞれの対処法は?

何が原因で体毛が濃くなるのかわかりましたよね。

原因はわかりましたが、果たして解決できる対処法はあるのでしょうか。

それぞれの原因にあった対処法を調べてみたので、参考にしてみて下さい。

①遺伝

毛深い原因が遺伝の場合は、どうなのでしょう。

自分が毛深いのは遺伝だという人は、対処法を紹介するので、参考にしてみて下さい。

遺伝はどうしようもないのが現実…

正直、遺伝は生まれ持った体質なのでどうしようもないというのが現実です。

しかし、ムダ毛の処理方法で毛深い体毛を薄くすることはできます。

では、どのような対処法でムダ毛を薄くすることができるのか、見てみましょう。

脱毛して体毛を薄く・少なくする

毛深い体毛を薄くするのにおすすめなのは、脱毛です。

脱毛サロンで行われている光脱毛なら、毛深い体毛を確実に薄くできます。

また、脱毛すれば、毛を薄くするだけでなく、毛量も少なくすることができるので、自己処理がいらないくらいまで体毛を減らすことができます。

毛深い人でもしっかり脱毛できます

毛深い人でも効果はあるの?と疑問に思っている方も、きっと多いですよね。

脱毛サロンで使用されているフラッシュ(光)脱毛は、出力が抑えられた光を毛に照射し、毛根のメラニンに刺激を与えて、毛の再生力を弱め、毛が自然と抜け落ちるように促していく脱毛法です。

フラッシュ脱毛の光は、黒いものに反応するため、毛深くてもしっかり効果が実感できるんですよ。

全身脱毛なら「キレイモ」

全身脱毛ならキレイモがおすすめです。

キレイモは総勢500名のモデルやタレントが通う脱毛サロンです。

返金システムもあり、国内最新の痛くないマシンを採用、独自のシステムで予約も取りやすく、万が一のことがあっても、ドクターサポートが受けられます。

また、広々としたトリートメントルームがあり、勧誘もありません。

冷却ジェルを使わない脱毛機器なので、不快感がありません。

おすすめの脱毛プラン

キレイモでおすすめは「全身脱毛33ケ所スリムアップ脱毛」です。

価格は、月額通常¥9,500(税別)が、今なら初回¥0です。

キレイモの全身脱毛が人気なのは、追加料金なしで全身脱毛に顔脱毛が含まれていて、お肌を綺麗にする光フェイシャルに切り替えも可能です。

更に今ならハンド脱毛体験が無料で受けられます。

気になる部分だけ脱毛するなら「ミュゼ」

部分脱毛ならミュゼがおすすめです。

ミュゼは全国に180店舗以上展開する大手美容脱毛専門サロンです。

スタッフは全員女性で、女性専用の脱毛サロンなので、安心して通えます。

店舗数が多いので、引越しをしても最寄のミュゼで脱毛を続けることができます。

お店は清潔感に溢れ、雰囲気も良く、大手なのでスタッフも親切で丁寧です。

料金もリーズナブルで、お得なキャンペーンも豊富です。

ミュゼでは、「無理な勧誘はしません」という約束を掲げているので安心です。

おすすめの脱毛プラン

ミュゼでおすすめなのは、「ワキV完了+全身から選べる2ヵ所」です。

価格は、期間限定のキャンペーン価格で、¥1,280(税別)です。

更にミュゼパスポートをダウンロードすると、美容脱毛4回以上の全コースが50%オフになります。

②ホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れが原因で体毛が毛深い人はどうすればよいのでしょう。

毛深い原因がホルモンバランスの乱れによるものだという人は、対処法を紹介するので、参考にしてみて下さい。

生活習慣を見直しましょう

生活習慣が乱れることでホルモンバランスは乱れてしまいます。

ホルモンバランスを整えるために、生活習慣を今一度見直してみましょう。

ホルモンバランスを整えるために、大事な点を4つ紹介します。

自分の生活習慣と照らし合わせながら、自分の体毛が毛深い原因を探ってみて下さい。

和食中心の食生活にする

ホルモンバランスを整えるためには食生活を見直すことが大事です。

動物性たんぱく質を多く含む肉や魚、卵やチーズなどの乳製品は男性ホルモンの分泌を促し、ブロッコリーやカリフラワーなどの野菜は、女性ホルモンの分泌を抑えてしまいます。

脂っこいものやジャンクフードなどの食べすぎもNGです。

食事は栄養のバランスがとれた和食中心の食生活がおすすめです。

女性ホルモンを増やす食材は、納豆や豆腐などの大豆製品や、ビタミンEやイソフラボンが多く含まれる食品だからです。

しっかり睡眠をとる

夜型の人は朝型の人と比べると、男性ホルモンの分泌が活発になります。

就寝時間が後ろ倒しになっている人や、昼夜逆転、睡眠不足、就寝時間が不規則な人は要注意です。

睡眠のリズムが狂ったり睡眠不足になってしまうと、女性ホルモンが減少したり、ホルモンバランスや自律神経の乱れを招いて、男性ホルモンの分泌を促してしまいます。

睡眠は、熟睡してから3~4時間後が重要です。

熟睡してから3~4時間後に出る成長ホルモンが出にくくなってしまうと、男性ホルモンが優位に立ってしまうからです。

入浴やアロマなどで心身共にリラックスさせてから、質の良い睡眠をとりましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを抱えると、脳は自衛のためにストレスホルモン・コルチゾールを副腎皮質から分泌するのですが、その時一緒に男性ホルモンも分泌されます。

また、ストレスをずっと受け続けていると、交感神経が優位に立って、自律神経に乱れが生じます。

自律神経が乱れると、男性ホルモンの分泌が活発になってしまいます。

自分にあったストレス発散法を見つけるなどして、ストレスを溜めないようにしましょう。

過度なダイエットをしない

ダイエットをする女性は多いですが、過度なダイエットは体毛を濃くしてしまいます。

なぜなら、女性ホルモンは体脂肪から作られるからです。

過度なダイエットをして、急激に体脂肪を減らすと、女性ホルモンの分泌量は減ってしまいます。

その結果、男性ホルモンが女性ホルモンを上回ってしまい、体毛を濃くしてしまうのです。

②男性ホルモンが多い

男性ホルモンが多くて、体毛が濃い人はどうすればよいのでしょう。

男性ホルモンが多くて、自分は体毛が濃いのかもと思い当たる人は、原因と対処法を調べてみたので、参考にしてみて下さい。

男性ホルモンが増えてしまう原因は?

男性ホルモンが増えてしまう原因に、「栄養不足」「寝不足」「ストレス」「卵巣の病気」があります。

女性ホルモンを増やしましょう

体毛は女性ホルモンを増やすことで、薄くすることができます。

つまり、女性ホルモンの分泌を増やすためには、豆腐や納豆などの大豆製品を積極的に食事に取り入れ、ビタミンEやイソフラボンをきちんと摂取し、質の良い睡眠時間をたっぷり取り、ストレスを取り除くことが大事なのです。

また、病気が原因の場合は、通院して治してもらいましょう。

女性ホルモンを増やす食べ物

女性ホルモンは食べ物でも増やすことができます。

女性ホルモンを増やす食べ物と栄養素は、豆腐や納豆、豆乳に含まれる大豆イソフラボン、アーモンド、モロヘイヤ、カボチャ、アボカド、大根の葉、煎茶などに含まれるビタミンE、マグロの赤身やバナナに含まれるビタミンB6、卵やアボカドもOKですが、卵は食べすぎに注意して下さい。

毛深い体毛の悩みは解決できます。

毛深い体毛の原因と対処法をいろいろと見てきましたが、いかがでしたか?

毛深い体毛に悩んでいる女性は多いですが、原因をしっかり知って、正しい対処法をすれば、ちゃんと解決できることがわかりましたよね。

ムダ毛のない綺麗な肌で自信をもちましょ♡

自分の体毛が濃い原因は何なのか。

自分に当てはまる原因を探ってみて、思い当たる原因が見つかったら、対処法を参考に、毛深い体毛を改善したり、処理してみて下さい。

体毛が綺麗に処理できると、自分に自信が持てるようになるし、おしゃれを存分に楽しむこともできます。

男性の視線だって気にならなくなるし、逆に美肌に注目が集まること間違いナシです。

自分に合った対処法で、ムダ毛のない綺麗な肌をゲットしてみて下さい。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ