脱毛で誰に見られても恥ずかしくない綺麗な肌を手に入れよう!

ムダ毛のない綺麗な肌を手に入れたいと思いませんか?「痛いかも」「お金がたくさんかかるかも」と考えがちな脱毛ですが、今はいろんな脱毛方法があるので自分に合った方法を探すことが出来ますよ。お気に入りの脱毛方法で綺麗な肌を手に入れてくださいね。

綺麗な肌を手に入れたい!!

こんな事になっていませんか?
ムダ毛が多いとせっかくのオシャレも台無しですね。

女性ならすべすべの綺麗な肌に憧れますよね。
しかし、誰でも1度は「あっ、ムダ毛処理甘いかも」とヒヤッとした経験があるのではないでしょうか?
オシャレをしてもムダ毛が目立つ肌だとガッカリしてしまいますよね。
とはいえ、自己処理だといつも綺麗な肌をキープするのも大変です。

そこで今回はサロンやクリニックに通って行う脱毛を中心に、綺麗な肌を手に入れるための脱毛方法をご紹介します。

綺麗な肌は女性の憧れ!!
すべすべの綺麗な肌を手に入れたい!!

綺麗な肌を手に入れるための脱毛の種類

脱毛が可能な場所はこんなにあります。
ほぼすべての部分がすべすべで綺麗な肌になれるのです。

脱毛方法には様々なものがあります。
光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、ワックス脱毛などクリニックやサロンに通って行うもの。
家庭用脱毛器、除毛クリーム、カミソリ、毛抜きなど自宅で自分で出来るもの。
それぞれメリットとデメリットがあるのでよく考えて自分に合った脱毛方法を選ぶのが綺麗な肌への近道だといえますね。

脱毛方法① 光脱毛

光脱毛のメカニズムイメージ図
光によってダメージを受けた毛が抜けていきます。

光脱毛とはその名の通り光を照射して脱毛する方法です。
複数の波長を含んだ光を広範囲に照射するのが特徴です。
濃く太い毛によく反応するので、毛の質が細く柔らかい方は比較的通う回数が多くなる傾向にあるようです。

光脱毛のメリット

光脱毛はレーザー脱毛に比べて痛みが少ないこと、料金が安いことなどがメリットとしてあげられます。
いくら綺麗な肌を手に入れるためとはいえ、痛いのは嫌!という人にはオススメですね。
また全身脱毛などを希望している場合、レーザー脱毛に比べかなり料金を抑えることが出来るのであまりお金はかけられないけれど全身つるつるの綺麗な肌にしたい!という人にオススメですね。

光脱毛のデメリット

光脱毛は毛周期をみながら2~3ヶ月に1度の割合で施術を行っていきます。
もちろん徐々に薄くはなりますが、完了してつるつるの綺麗な肌になるには1~2年かかることが多いです。
少々時間がかかるのがデメリットですね。
また埋もれ毛などには対応しておらず、治してからという場合もあるようです。
特に早くつるつるの綺麗な肌を手に入れたいと思う人にはあまりオススメ出来ないかもしれません。

脱毛方法② レーザー脱毛

強いレーザーを当てて脱毛していきます。

レーザー脱毛とはその名の通りレーザーを照射して脱毛する方法です。
レーザー脱毛は医療機関でのみ行われる脱毛方法で、光脱毛よりも高めの熱量で施術してくれるクリニックが多いです。

レーザー脱毛のメリット

レーザー脱毛のメリットとしては部分によっては1回でも脱毛効果が実感出来る事、2~3回でほとんどの人が効果を実感できる事があげられます。
また産毛や埋もれ毛などの脱毛しにくい毛にも効果がある事もメリットですね。
早めに綺麗な肌を手に入れたい人や部分的に綺麗にしたい人にはオススメです。

レーザー脱毛のデメリット

レーザー脱毛は医療行為なのでクリニックや皮膚科など医療機関のみで行われています。
効果がよくわかる反面、光脱毛より値段は高くなっています。
また高めの熱量での施術になるのでやはり痛みは感じやすいようです。
部位によって痛みは変わるようですが、人気のわきやデリケートゾーンは強い痛みを感じるようですね。
痛みが強く我慢できない場合には麻酔をしたり、熱量を下げたりして対応してもらえるみたいなので、相談しつつ綺麗な肌を目指すのがオススメです。
気軽に相談できる、きちんと話を聞いてくれるクリニックを探すことが綺麗の近道になりそうですね。

脱毛方法③ ニードル脱毛

毛根に電気を流して、毛母細胞を腐食させます。

ニードル脱毛とは毛穴に針を差し込んで電気を流し毛根を毛穴の中に挿入し針から電流を流して、毛母細胞を腐食させる脱毛方法です。
5ミリ~1センチくらい毛を伸ばした状態で施術をするのが特徴です。

ニードル脱毛のメリット

光脱毛やレーザー脱毛は色素が濃い場所には使えません。
ニードル脱毛は光を当てられない部分や色素沈着している部分の脱毛、埋没毛、ほくろから生えている毛などにも出来るのでそれが1番のメリットといえるでしょう。

ニードル脱毛のデメリット

ニードル脱毛はかなりの痛みを伴うと言われています。
個人差はあるもののその痛みはレーザー脱毛と比べても強いようです。
またデメリットとして1本1本施術するため時間がかかる事、単価事体がかなり高い事、毛量によって値段が変わるので最初の提示より高くなる事もしばしばある事、内出血を起こしたり、肌が炎症を起こしたりとトラブルが多い事などがあります。

このように光脱毛やレーザー脱毛に比べてデメリットが多いので、脱毛のメイン方法として選ぶことは避けた方が良いかもしれませんね。

脱毛方法④ ワックス脱毛

ワックスを塗って毛を引き抜く脱毛方法です。
すぐつるつるの綺麗な肌になるのが魅力。

ワックス脱毛とは、とろみのある液体のワックスを肌に塗り、時間を置いてから剥がして毛を抜く方法です。ブラジリアンワックスが有名ですね。
肌の弱い人や皮膚の薄い人にはあまり向いていませんし、市販品を使って自宅で行うことも出来ますが、肌を痛める可能性も高いので出来るだけサロンなどに通った方がいいかもしれません。

ワックス脱毛のメリット

他の脱毛方法と違って1回の施術ですぐに綺麗になる事が1番のメリットです。
週末海に行く、旅行の予定があるなど今すぐ綺麗にしたい場合にはオススメですね。
永久脱毛ではないのでまた生えてくるのですが、生えてきたときチクチクしない事や全体的に少ない事も嬉しいポイント。
また、生えて来るからこそ気軽に全部除去したり、アンダーヘアを好きなデザインにできるなどのメリットもあります。
粘膜部分の脱毛も可能で、IラインやOラインで粘膜部分に生えている毛を処理することが出来るのでデリケートゾーンも安心して綺麗にすることが出来ますよ。

ワックス脱毛のデメリット

ワックス脱毛は無理やり毛を引き抜く方法なので当然痛みがあります。
我慢できないほどではないという人がほとんどですが、硬い毛や毛根が深い毛は痛みを強く感じやすいようですね。
また、他の脱毛方法と違って毛は生えて来るので綺麗な肌を維持するためには継続して行う必要があります。
絶対に生えてこなくても良い部分の場合は永久脱毛の方がいいと感じる人が多いのではないでしょうか?
また施術をするためには毛の長さが1cm程度必要なので、薄着になる季節には気になる人も多いかもしれません。

脱毛方法⑤ 自宅で出来る脱毛

除毛クリームやカミソリは自宅で脱毛したい人にオススメ。

自宅で出来る脱毛方法としては家庭用脱毛器、除毛クリーム、カミソリ、毛抜きなどがあります。
どの方法も時間を気にせずに出来るので、サロンに通う時間がない人にオススメです。
しかし、綺麗な肌をキープするためには頻繁にケアしなければいけなかったり、肌を傷めてしまったり、埋もれ毛などを作ってしまったりとデメリットもあります。

脱毛で綺麗な肌を手に入れる方法 まとめ

すべすべの綺麗な肌で自信を持ってお出掛けしましょう!

様々な脱毛方法がありましたが、試してみたい脱毛方法は見付かりましたか?
それぞれにメリット、デメリットはありますが、自分に合ったものを選べばきっとすべすべの綺麗な肌になる事間違いなしです。

ぜひ自分に合った脱毛方法で綺麗な肌をキープして、毎日を楽しく過ごしてくださいね。

1

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ